ローンの借り換えとおまとめローンの需要

今組んでる住宅ローンを借り替えたらどうですかという案内が、銀行から届いた。
借り替えたほうが金利が安くなるので、毎月の返済もらくになるとのこと。
それなら絶対それのほうがいいと思ったけど、うまい話には裏がありそうな気がする。
案内をくれた銀行はいつもお世話になっているところなので、一度話を聞きに行ってみようと思う。

こないだ夕方のニュースでもやってたけど、今ローンを借り替える人が増えているのだとか。
なぜかと言うとやはり、金利が安くなるから。
これまでローンを組んでいた銀行から他行に乗り換えるときに、「本当はお宅で長い付き合いをしたいけど」と言ってみる。
すると、金利を負けてくれたりするらしい。
これは関西のニュースなので、関西に限ったことなのかもしれない。

どこもお客さんを他行に取られたくないから、いろんな手を使って粘ってくるらしい。
借り替えるときに同時に他のローンもまとめて一本化する、いわゆるおまとめローンも需要が高いという。
管理が面倒な上に金利がバラバラで、まとめるに限るというのが人気の理由なのだとか。
しかし簡単にまとめられるわけではなく、普通のローンと同じように審査がある。

ローンの市場も日々変化しているようだ。
新しい金融商品は次々登場してくる。
動向をチェックしていないと、簡単に置いていかれてしまいそうだ。